top of page
mst_4224.JPG

Music

DSC_0743.JPG

OTOKO-UtA オリジナル曲

Live音源よりショートVer.をお届け!

DSC_0822.JPG
00:00 / 00:25

「不思議列車」

これぞ「OTOKO-UtA」の真骨頂!本物のストレートRock!マサミと太郎丸のユニゾンヴォーカルが聴きもの。
LIVEで最高にのれる観客総立ちの1曲です!
もっとも「OTOKO-UtA」らしい曲!

DSC_8713.JPG
00:00 / 00:31

「マウンテンピーナッツ」

作曲は、アウトドア・登山家でもあるシンガー・ソングライターのOJI。

作詞はOJIの詞に、高マサミが大きくアレンジしたもの。

独特のオープニングコードから始まるこの曲。

単調だがやがてエキサイティングな盛り上がりへと・・・。

Vo.高マサミのラップ調の歌も聴きもの。

DSC_0798.JPG
00:00 / 00:31

「揺れる骨」

ロック、ジャズ、ブルースが入り交じった不思議な世界観を感じる1曲。
曲の中盤では、あのピンク・フロイドを彷彿とさせるメロディに転調。
マサミのヴォーカリストとしての実力が存分に発揮される曲です!

DSC_0819.JPG
00:00 / 00:29

「アルゴリズム」

OTOKO-UtAオリジナルの最強のハードロック。
そして最もアナーキーな作品。
ギターのリフと歌詞がマッチしてノリが抜群。
作詞は高マサミ。
デジタル、AI一色の時代に、?を問いかけるメッセージが面白い。
ライブで是非聴きたい一曲。

DSC_0794.JPG
00:00 / 00:33

「ブルー・ラウンジ」

60年代のロックバンドDoorsを彷彿させるブルースロック。

作曲は土屋太郎丸。作詞は高マサミ。

ブルースからフィージョンの感じも漂う大人の魅力を感じる一曲。

まるで異空間にいるような新しいロックに感じます。

DSC_8836.JPG

​3/9発売!

「​めぐるふたり」

オリジナル曲で初のバラード。
作曲は土屋太郎丸、高マサミ。
作詞は高マサミ。
曲の流れは太郎丸が作り、サビは高マサミが歌いながらメロディーをつけた作品。
やさしい耳に残るフレーズと、マサミの感情豊かな盛り上がりが聴きものです。

bottom of page